2012年 10月 26日

群馬冬季釣り場 その3 その4

今週も行って来ました。
初日は北風が強く、午後より雨の予報。
水温13℃ 
f0090131_12592026.jpg
f0090131_12593025.jpg
f0090131_12593948.jpg
f0090131_12594776.jpg

初日は午前中で3匹 (ちいさいのは除外)

翌日は快晴でした。
f0090131_1259555.jpg
f0090131_1302100.jpg
f0090131_130958.jpg

だんだんネットも出さずに・・。

この日は5匹。

ずーっとやり続けていると判って来た事。

ポーク(豚じゃないよ)を入れちゃダメです。
ダブルスペイやシューティングスペイなんちゃらも極力しない。

減水中、近距離なのでサカナは音で反応が少なくなるようでした。


あと、基本ですが、足音。
ズカズカ歩いた人の後はしばらくダメでした。



サカナはいるのにバイトしない状況を打開するには?

”間をみる”事。ルアー、フライが飛び交った後、時間を置いて、入る。
30分でも違ってきます。
後は自分の立ち位置を変える。フライを通す角度を変えると反応が出ました。

他、前にも書いたけど、一瞬曇りになった時、太陽光が斜めになった時と
間のタイミングが合った時、アタリが多かったです。

サクラマスにも状況は当てはまるのかな?と考えていたら楽しくなってきました。
[PR]

by rixtuki12 | 2012-10-26 13:11 | ニジマスの釣り


<< 群馬冬季釣り場 その5      冬季釣り場 その2 >>